入院・レスパイト

入院について

入院

入院できる「かかりつけ医」として、高齢の方だけでなく、障害児まで、生活に密着した医療を提供します。

当院は、15床のベッドをそなえ、入院治療をすることができるクリニックです。クリニックの入院施設だからこそ、いざというときに、すぐそばで支えるフットワークの軽さがあります。

  • 風邪をひいて熱が出た。
  • 持病の悪化やがんの進行などで自宅療養が困難になった。
  • 大病院で手術をした後で、自宅療養と言われたが不安。
  • 急な仕事などで家族が留守にしなければならなくなった。

入院の手続き

入院ご希望の方は、まず外来で診察をお受けになり、担当医師の指示により、手続をおとりください。
病室の都合ですぐ入院できないことがありますので、予めご承知ください。

入院には下記の手続きが必要となります。

A.

入院申込書健入院誓約書

B.

診察券

C.

健康保険証等

限度額適用認定証・各種減額認定証や公費医療証等をお持ちの方は、一緒に提示してください。
健康保険証等の掲示がない場合、自費診療扱いとなりますのでご注意下さい。
入院時に、住所・電話番号・健康保険証等に変更が生じた時は、速やかに1階受付窓口へお申し出ください。
D.

保証金(大部屋30,000円 個室50,000円)

E.

印鑑

お持ち頂くもの

  • ねまき・下着類
  • 服用中のお薬・お薬手帳・服用されているお薬の内容がわかるもの
  • 洗面用具や消耗品など

面会について

  • 面会時間は特別な場合を除き、午前11時~午後8時までとさせて頂きます。
  • 面会の際は、必ず各病棟のナースステーションへお申し出ください。
  • 入院患者様の安静や治療の妨げにならないよう、なるべく少人数で短時間にお願いします。
  • 面会時間内であっても、患者様の状態により面会をお断りしたり、制限したりする場合がありますので、ご了承ください。

退院について

  • 退院は原則として午前中といたします。午後になる場合は、前日までにお知らせください。
  • 入院費のお支払は退院時にお願い致します。
現在、クレジットカードでのお支払には対応しておりません。

レスパイト

レスパイト
(写真は、特別個室になります。ベッドの状況により病室がご用意できない場合があります)

高齢の方やそのご家族まで、ニーズに合わせた利用方法をご提供します。

レスパイト入院は、主に介護者の緊急な出張や外出、休養のためにご利用いただけます。
ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

利用対象者

医療依存度が高く、在宅で療養生活をされている方(吸引処置・創傷処置・吸入・注入器)

入院中のリハビリについて

リハビリ

当院では入院中やレスパイトを利用中の方に対して、リハビリテーションを行っています。

患者様おひとり一人に合わせて、医師、看護師、理学療法士などが共同してプログラムを作成し、退院後ご自宅での日常生活活動の向上、寝たきりの防止や家庭復帰を支援しております。 また、退院後も在宅医療チームが、訪問リハビリテーションを行っていますので、継続した医療をご提供することが可能です。

リハビリテーションの対象

対象疾患
  • 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍などの脳血管疾患
  • 脳腫瘍、脊髄損傷などの中枢神経疾患
  • 多発性硬化症などの神経疾患
  • パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの神経筋疾患
  • 廃用症候群など
  • 運動器疾患など
  • 肺炎、無気肺、気管支ぜんそく、肺結核後遺症など

入院・レスパイト施設案内

武蔵野総合クリニック3階に15床をご用意しています。

※写真は実際のスタッフステーションと病室です

※ 特別室1室・個室3室(内、個室Hは隔離患者様用)、2人部屋2室、大部屋2室 15床の病室をご用意

お問い合わせはこちら

WEBからのお問い合わせ・申し込み