MENU

順洋会 動物介在活動

順洋会では、犬のいる生活が人間の心と体の健康につながるのではないかと、2013年から研究を続けてまいりました。

人生100年時代、50歳でやっと折り返し地点、70歳でもあと30年の人生があります。
私たちは、どのようにしたら自分らしく心の色彩豊かな生活を送れるか、すなわち、健康寿命の延伸を真剣に考えなければなりません。

心も体も健康でいるためには、適度な運動が必要です。
しかし、定年を迎えたり、子育てがひと段落したりすると、社会とのつながりが少しずつ希薄になり、なんとなく家に引きこもりがちになってしまうものです。

第二の人生、愛犬をパートナーに迎える人も多いです。
可愛いわが子(愛犬)を迎え入れると、コミュニティが広がり、一緒に散歩をする習慣もでき(1日に2回も!)、心と体の健康につながるように思います。

一方で、殺処分の問題など、今の日本で犬をめぐる環境が決して良いとは言えないのも事実です。

「犬も幸せ、人も幸せ」

私たちは、本当の共生社会を創っていくために、様々な活動を通じて、犬と人間がお互いに理解しながら、支え合う仕組みを作りたいと考えています。

医療法人社団順洋会 常務理事 下村節子

医療法人社団順洋会 常務理事

下村節子

2013年
老人ホームに入居している方の心のケアの一環として、動物介在活動を始めました。普段、なかなか部屋から出てこない方も、犬がくる日は部屋から出て、にこにこの笑顔です。犬が持つ癒しの力、犬を介して生まれる一体感などを実感し、動物活動に取り組む決意を固めました。
2013年
こどもたちと犬の触れ合い活動も始めました。初めて触れる生き物に子供たちも興味津々です。柔らかいぬくもりを通じて、命の存在や大切さ、周りの生き物を慈しむ心など育みます。
2013年
2016年
わたしたちの研究会に、ホースセラピーの第一人者である東京農業大学准教授の川嶋舟先生が加わってくださいました。
2016年
2017年
ウクライナの国立養護施設へ視察に。心身ともに傷ついた子供が過ごすこちらの施設では、積極的に動物との触れ合い活動を行っていました。つらいリハビリも「犬と一緒なら頑張る!」というこどもも。
2017年
ヴィベケ・リーセ氏を招いての勉強会を行いました。 動物福祉先進国デンマークのトップトレーナーであり、動物の行動分析家として世界的権威であるヴィベケ・リーセ氏。“犬を「訓練」するのではなく、犬に人と「共生」する術を伝えること”という理念は、私たちの理念と同じです。
2017年
順洋会の専属ドッグトレーナー
吉田圭佑氏(株式会社POOCH PAL代表)
2017年
2019年
医療×犬=人間と犬の健康と幸せ!」をテーマに専門学校で授業を行っています。
2019年
2022年
動物介在活動を軸に、「医」「食」「住」「動」「学」「犬」と6つのテーマで地域のすべての方が集まれる新しいコミュニケーション施設“LIFE MEDICAL CAREいずみ”がオープン。
2022年
犬との共生社会を目指してドッグアジリティやドッグスポーツをおこなったりセラピードッグの育成などにも取り組みます。
(協力会社: 株式会社POOCH PAL)
2022年
住所
東京都西東京市泉町3-6-9
LIFE MEDICAL CARE いずみ 1F
電話番号
042-439-6190
アクセス
【電車の場合】
西武新宿線 西武柳沢駅からバスで5分
西武池袋線 ひばりヶ丘駅からバスで5分
【お車の場合】
元・泉小学校の跡地
歩道橋を曲がる
お問い合わせ・ご相談はこちら
042-439-6190